断裁機の刃研ぎはプロに任せよう

重いと感じたら

何だか断裁機が重い…と感じることはありませんか?
そもそも断裁機はどれだけ小さなものであってもそこそこしっかりした刃と土台がついているので基本的には重いものなのですが、そうではなく、刃を振り上げて、実際に紙の束などを切る時の切り心地が重い…と感じるのであれば、そろそろ刃研ぎは必要な時期かもしれません。
普段何気なくざくざくと紙を切ることに使われているとは思いますが、断裁機の刃は永久的なものではありません。
使い続ければ劣化し、刃こぼれして、切れ味が落ちます。
そうなると必要になるのが刃研ぎです。
これは別に断裁機に限った話ではありませんが、刃物というのは常に使ったら研いで、使ったら研いでとして長く使っていくものです。
なので、故障かな?切れないな?と思うのであれば、処分するのではなく刃研ぎをして本来あるべき姿に戻してあげましょう。

基本的に断裁機の刃は明らかに包丁などとは違うのが目で見てわかると思います。
なので、普通の刃研ぎ業者ではなく、断裁機専門の刃研ぎ業者に依頼しないと、中々対応してもらえません。
しっかりと専門の業者に研いでもらえば、重さを感じることなく、使い始めの頃のような軽さでまた使えるので、怪我や事故を起こす前に業者に研いでもらいましょう。

what's new

2013/01/31
定期的にを更新
2013/01/31
研磨とはを更新
2013/01/31
自炊用でもを更新
2013/01/31
業務用でもを更新
2013/01/31
断裁機の刃研ぎはプロに任せようを更新
2013/01/31
ホームページリニューアル